古本買取と販売においてのネットとお店のハイブリッド運用

まず店頭販売のメリットは何だったでしょうか。それは来てくださったお客様と信用を増やしていけると言うことでした。 しかしここで店頭販売に限定した場合、当然販売できる数に限りがあり、 また古本買取できる絶対数も少なくなるし、まず大変ではないでしょうか。

ではインターネットの世界でのみ古本の販売や古本買取をするのはどうでしょうか。 古本の業界に限っての話になりますが、お店の売りである 個性ある古本もインターネットの世界という大きな市場に 個性のない一古本としてださなければいけないため、 個性のあるお店としてのアイデンティティは維持しづらいという点でしょうか。

またインターネットの世界の性質として一部の買取業者は成功を収めていますが 共存には向かないようで多数の敗者を生み出しているようにも見えます。 なにより検索サイトによる取引は原則最安でしょう。

ただし、同じインエターネットでも独自のウェブサイトであれば 話は変わってくるのではないでしょうか。 店頭と同じようにお店のカラーをだしやすく、安さだけが売りではなくなるでしょう。 デメリットとしてはやはりオークションなど他のサービスに 依存することに比べると見に来てくれるお客様が少なくなることでしょうか。

つまりは店頭販売、インターネットの世界全般での販売、独自サイトによる販売、 いずれも大きなデメリットがあるように感じられます。 よってこれらを方法をハイブリット的に運用することが一番お客様にとっても メリットがあるのではないでしょうか。

独自サイトでみたものを直接見に行くことができることは その典型ではないかと考えられます。 珍しいもの、とくに高価なものは 直接手にとり確認したいのは人情でしょう。 そして店頭にある珍しいもの、あまり普段お目にかかれないものを ネットを用いることでたくさんの人に認識してもらうこともいいことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です